商品番号 LR.2-0241

OS カメラサービス トップページに戻る

LEICA

歴史に残る 銘玉 オリンピアレンズ

究極の LEICA COLLCTION

ORYMPIA オリンピア 11260

ライカ(ライツ)が初めて作った 超ハイスピードレンズ (大口径レンズ)

1998年のオリンピック(ソウル)の要望に応え

世界一の超ハイスピードレンズが1987年に完成しました

LEICA (Leitz) が世界に先駆けて超高性能レンズが完成しました

CarLZeissの後塵を拝していたライカが

カールツァイスを超えた歴史に残るレンズです

1992年4月に公式に世界に向けて発表しました

ライカの歴史の中で1体型の 400/2.8レンズは

最初で最後のレンズとなりました まさに歴史に残るレンズです

1988年のオリンピックで絶大なる評価をもらい

超高価なハイスピードレンズを極少数の390本が生産されました 

ORYMPIA LEICA R 400mm f 2.8 APO TELYT 3カム

NO3596*** 1992年製

新同品 価格 1,780,000

1992年4月に発表 生産記録 1987〜1993

1987年 20本の生産

1991年 160本の生産

1992年 110本の生産

1993年 100本の生産

計 390本の生産

付属品  化粧箱 フロントレンズキャップ 14086(A166) リヤレンズキャップ 14162 レンズフード 12545

フィルターホルダー 14591 シリーズフィルター5.5ND×1 アルミセットケース

性能一覧
レンズ構成
 9群11枚 スーパーアクロマートレンズ搭載 超高価な特殊光学搭載ガラス
画角
 6度
 f2.8~22
撮影距離
 4.7mから無限遠まで インナーフォーカシングシステム
フィルターサイズ

 フィルターホルダー14591でシリーズ5.5

レンズフード
 12545 逆付装着(収納)方式搭載
マウント
 ライカRバヨネット
きさ

 全長363mm 外径157mm レンズフード外径166mm 重さ5500g レンズフード400g

 アルミセットケース3600g


OS カメラサービス トップページに戻る